ATOM

コミュニケーション・ロボット ATOM の最新情報をお届け! メルマガ倉庫

ATOM

【VOL.3/第11~12号対応】第12号中継ハーネスの巻き具合とチェックポイント

2017年07月05日発行●メールマガジン「ATOMオーナーズ倶楽部 通信」第3号


このメールマガジンでは、「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」をご購読されているみなさんに、ATOMについての情報をお届けします。


【 目 次 】
01…組み立て前に準備しておくと便利なこと
02…中継ハーネスを巻きつける時のコツ
 ■02-1■ここが山場/巻き付け方
 ■02-2■まだまだ山場/肩ディスクと肩フレームの合体
03…これで見極める正しい形
04…「これでいいの?」に、お答えします


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


01…組み立て前に準備しておくと便利なこと
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


こんにちは、講談社のシブガキです。以前からお伝えしておりましたが、組み立ての山場12号です。難しいといっても、第7号の“チェックスタンドのエラーが出る、原因が分からない”という難しさではなく、


「これで合ってるのかなぁ?」


「これ、隙間が空いてるけど大丈夫?」


「このパーツ、どっちが裏? 表?」


という、不安がつきまとう号なんです。でも、大丈夫です。不安をひとつひとつ、解消していきましょう。それから、第12号はマガジンの組み立てページに加え、公式ホームページに組み立てチェックポイントの解説もご用意しています。是非、参考にしてください。


それから、組み立てる前に、ある準備をしておくと、とても作業が楽になりますので、是非紹介させてください。まず油性ペンを1本ご用意ください。細字の方がいいです。


<肩ディスクの準備>
1)肩ディスクの片面に「L」と「R」の浮彫があることを確認してください。見えにくくてごめんなさい。
2)「L」と「R」の浮彫の下に、油性ペンで「L」と「R」を書いてください。文字の向きは浮彫と同じにしてくださいね。


<肩フレームの準備>
1)肩フレームを、左手の親指と人差し指で「凸」の穴が下に来るように持ってください。
2)中心の丸い穴の左右に、縦棒の出っ張りがある面を手前に向けてください。
3)左側の縦棒の出っ張りに、油性マジックで色を塗ってください。


●写真で見るとこんな感じ●



これで組み立てが格段に分かりやすくなります。色を塗ることに抵抗のある方、ご安心ください。肩ディスクと肩フレームは、外から見えません。大丈夫です。


<注意>--------------------------------
中継ハーネスの巻きつけ作業ではありませんが、第12号でもうひとつ忘れやすいことがあります。第10号で最後に取り付けたハーネスローラー。このパーツが外れやすいため、一度取り外されている方が多いと思います。第12号マガジンP9の工程14を行う前に、必ずハーネスローラーを付けているか確認しましょう。
----------------------------------------


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
02…中継ハーネスを巻きつける時のコツ
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


それでは組み立てに取りかかりましょう。まず第12号のマガジンP6の工程1〜3です。ここでは細かく工程を分けて、詳しく説明します。


1)準備で書いた「L」と「R」の文字が手前に見えるように、左手で肩ディスクを持ちます。この時、文字がさかさまになるように持ちます。


2)右手で中継ハーネス(コード)を持ち、下の四角い穴の裏から表へ通します。中継ハーネスは両端どちらも同じ作りですので、どちらを差し込んでも大丈夫です。


3)肩ディスクを裏表ひっくり返します(油性ペンで書いた文字が見えなくなります)。


4)穴から中継ハーネスを8センチ出します。
   ※第12号マガジンP6に物差しが印刷されていますので、それで計ってください。


5)中継ハーネスを通した四角い穴の部分を、親指と人差し指でつまむように持ちます。8センチ出した中継ハーネスの位置がずれないようにするためです。


■02-1■ここが山場/巻き付け方
中継ハーネスを肩ディスクに巻きつけていきます(第12号マガジンP7参照)。


<注意>--------------------------------
巻きつけるコードは“計った8センチ側”ではありません。もう一方の長い側です。巻きつける軸が、計った8センチ側にある場合、中継ハーネスの穴の通し方が間違っています。


●動画で見ると分かりやすい●

----------------------------------------


1周目)軸に、時計回りで、きつめに巻く
2周目)軸の左右にある支柱ごと、時計回りで、きつめに巻く
3周目)2周目の外側に、時計回りで、ゆるく巻く


ちなみに「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の編集長は、ココで中継ハーネスを4周巻いていました。4周ではなく3周です。間違えないでください。


あと、時計回りではなく「反」時計回りで巻いても、一見問題ないように見えますが、動作不良やATOM完成後に断線を招く原因になります。必ず時計回りで巻いてください。


さて、ここで以下のような感想を持たれるかもしれません。


【問1】1周目、2周目をきつく巻いているのに、3周目をどうゆるく巻けばいいの


【答1】コツは左手の親指の爪です。第12号マガジンP7の「中継ハーネス3周目の巻き付け方」の写真を見てください。2周目をきつく巻き終えたところで、左手の親指の爪で軸に押し付けて緩まないようにしています。3周目のコードは左手の親指の腹で押さえます。


【問2】1周目、2周目をきつく巻いても、3周目をゆるく巻いたら、全部ゆるくなる


【答2】はい、指を離すとゆるくなります。ゆるくなっても構いません。この次の工程で肩ディスクと肩フレームを合体させます。この時に「肩フレームと軸」「肩フレームと支柱」の間に、中継ハーネス(コード)を挟まないようにしたいので、最初の1周目2周目をきつめに巻いておくと、挟みにくいということなのです。


【問3】3周目をゆるく巻くって“どれくらいのゆるさ”なの?


【答3】第12号マガジンP7の「中継ハーネス3周目の巻き付け方」の写真のように、肩ディスクをもちます。そして、3周目の中継ハーネスが上の四角の穴と、肩ディスクの外周の間を通るぐらいの“ゆるさ”で大丈夫です。あとで微調整もできるので、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。


■02-2■まだまだ山場/肩ディスクと肩フレームの合体
肩ディスクと肩フレームを合体させます。


6)右手で、肩フレームを持ってください。この時、油性ペンで縦棒の出っ張りを塗った方を手前の面にしてください(左右の出っ張りのうち、マジックで塗った方が左側になります)。


7)3周目を巻き終えた側の中継ハーネスを、肩フレームの「凸」穴に、裏から表へ通してください。


8)肩ディスクと肩フレームを重ね合わせます。先の【問2】にあったように「肩フレームと軸」「肩フレームと支柱」の間に中継ハーネス(コード)を挟まないように注意!


はい、ここで肩ディスクと肩フレームは「パチンッ」とハマるわけではなく、グラグラしています。さらに、2つのパーツには“すき間”もあります。不安に思われるかもしれませんが、それで大丈夫です。


9)第12号マガジンP7の工程9の小さい方の写真を見てください。肩ディスク(上フタ側)の小さな切り欠き左右2カ所が、肩フレーム(受け側)のコの字形の切り欠きの中央にくるように調整してください。ココ大事です!


10)第12号マガジンP8の工程10の左側の写真のように、両手にそれぞれパーツを持ってください。


<注意>--------------------------------
ID=4のサーボモーターの白点(0点)は、第12号マガジンP8の工程10の左側の写真のように、一番左のところにきていますか(サーボモーターを縦にした場合、白点は最上部)? 第11号できっちりID書き込みが終わっていれば、この位置に白点(0点)が来ているはずです。


書込みは完了しているが、なにかの拍子でずれていた場合、3×8mmビスを奥までねじ込み(下記リンクを参照)、白点(0点)を正しい位置に持ってきてください。ネジで白点(0点)が隠れてしまいますが、何度かネジをゆるめて確認しつつ調整してください。



調整が終わったら、ネジは抜いてください。
----------------------------------------


11)肩ディスクの中央の軸穴に、ID=4のサーボモーターの出力軸を押し込みます。


この時、肩ディスクのR側の切り欠きから、サーボモーターの0点が「ばっちり」見えるように押し込んでください(第12号マガジンP8の工程11の写真参照)。これ、とても大事。


はい、ここで「うまく入らない」という方。肩ディスクの軸穴と、サーボモーターの回転軸には、ギアの歯車が刻んであります。そこにうまくハマっていないだけです。切り欠きから0点が見えるように、微妙に調整しつつ「強めに押し込む」。コツはその1点です!


これまで何回か、サーボホーン(丸い小さな円盤)を、サーボモーターに取り付けてもらいましたが、今回は肩ディスクという大きなサーボホーンを取り付けているようなものだ、と考えれば、分かりやすいかもしれません。


12)肩ディスクがサーボモーターにガッチリ入りましたら、肩フレームのコの字の切り欠きにサーボモーターがハマるように、肩フレームを調整してください(第12号マガジンP8の工程12を参照)。ちゃんとハマると、あなたが油性ペンで塗った縦棒の出っ張りがサーボモーターでまったく見えなくなっているはずです。


■■山場終わり■■


これで山場は超えました。それでもみなさんの胸は、不安でいっぱいだと思います。かく言うシブガキも、一番最初は不安でした。それではみなさんの不安を消す、5つのチェックポイントを確認していきましょう。


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
03…これで見極める正しい形
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


それでは、出来上がった右肩のディスクに問題がないか、チェックしていきます。出来上がったといっても、ビスをまだ留めていません(第12号マガジンP8の工程13)。このビス留めは、以下のチェックがすべてクリアされてからで大丈夫です。


重要====================================
チェックする時は、必ずこの持ち方で!


左手の中指、薬指、小指でID=4のサーボモーターに取り付けたハーネス(白・黒・灰色の3本セットのコード)を握るように持ち、同じく左手の親指と人差し指でサーボモーターでつまんでください。写真で見るとこんな感じです。

========================================


■チェックポイント1
「L」と「R」の文字が、さかさまに見えていればOKです。


見えていなければ、肩ディスクとサーボモーターの取り付けが、逆になっています。第12号マガジンP8の工程10からやり直してください。


■チェックポイント2
手前の四角の穴から約8センチ、中継ハーネスが出ている。


■チェックポイント3
右手の人差し指と親指で「L」の字を作り、90度左に倒してください。そして左手で持っている右肩のディスクに重ねてみてください。表面の四角い穴から8センチ飛び出している中継ハーネスが人差し指の方向に。裏面の凸穴から飛び出している中継ハーネスが親指の方向に伸びている。


●写真で見るとこんな感じ●



この時、中継ハーネスの両端が上に向かって伸びている場合、第12号マガジンP6の工程2で、中継ハーネスの通し方が間違っています。ここからやり直してください。


また中継ハーネスの両端の飛び出す方向が、表面の四角い穴から8センチ飛び出している中継ハーネスが親指の方向に。裏面の凸穴から飛び出している中継ハーネスが人差し指の方向に向いていた場合、「反」時計回りに巻いています。時計回りに巻き直してください。


■チェックポイント4
上下反対になった「L」側、肩フレームのコの字の切り欠きに、サーボモーターがきっちり入っている。多少のガタツキがあっても、この切り欠きからサーボモーターが外れなければ大丈夫です。
 ※手首を返して裏を覗くと、最初の準備で油性ペンで塗った縦棒の印が見えなくなっています。


■チェックポイント5
(上蓋状態になっている)肩ディスクだけを、時計回りに300度(360度ではなく300度です)回転させてください。300度というと上の四角い穴(中継ハーネスが出ていない穴)が、時計で12時の場所にありますから、これを時計回りに10時の位置まで回します。


この時、肩フレームも一緒に回そうとすると動きません(もし動いたらチェックポイント3がおかしいことになります)。そのうえで、チェックポイント1〜4に問題がないのに、うまく回らない場合、原因は1つです。


中継ハーネスを肩ディスクに巻きつける時の3周目での「ゆるさ」が足りなかったのです。でも大丈夫です。裏の「凸」穴に少し中継ハーネスを押し込んで「ゆるさ」を作ってください。それで300度スムーズに回転すれば問題ありません。


<注意>--------------------------------
回転のチェック後は、忘れずに、元の定位置(LとRがさかさまの位置)に戻してください。


最後に3×8ミリビスでサーボモーターをビス留めしてください。
----------------------------------------


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
04…「これでいいの?」に、お答えします
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


【問4】「凸」穴から出ている延長ハーネスは、何センチ出ているのが正解なの?


【答4】「お答えするとすれば」という前置き付きで10〜15センチくらい。というのも、この延長ハーネスはボディと繋げるのですが、その工程は来年の夏以降なんです。


その時にも「チェックポイント5」のような感じで、微調整可能ですから神経質になる必要はありません。それより、もう一方の四角い穴から出ている延長ハーネスの長さ、8センチをきっちり守ってください。


【問5】肩フレームが、なんだかガタガタしてるけど大丈夫なの?


【答5】肩ディスクが、サーボモーターの出力軸の奥までしっかり入っていれば大丈夫です。あと、肩フレームのガタガタも、サーボモーターがコの字の切り欠きから、ズレない程度のガタガタならば許容範囲内です(ズレるようならダメですよ)。


【問6】肩ディスクと肩フレームの間のすき間が気になる


【答6】感じとしては、砂を吐き出している時のアサリのように、片口が空いている状態で大丈夫です。狭い方にも1ミリ弱のすき間ができています。さらに広く空いている方から“中のコードが出るかも”くらいのすき間(3〜4ミリ)がある。それで問題ありません。


このガタガタやすき間が、第16号の組み立てで「なるほど、こうなるのか」と納得いただける形で解消されます。


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


第3回目のメールマガジン「ATOMオーナーズ倶楽部 通信」は、いかがだったでしょうか?第4号の配信は第14号の発売時期(7月19日ごろ)を予定しています。


最後に、サポートセンターに寄せられたご相談で、それだけは絶対やっちゃダメ、とお伝えしたことをいくつか紹介します。


●うまくハマらなかったから、接着剤で留めた。
  >絶対ダメです! 本当にやめてください。


●サーボがおかしいと思ったので、分解した。
  >サーボを分解した時点で、確実に故障します。買い直していただくことになります。


●複数号を一気に開封して、どの号でどの部品が入っていたか分らなくなった。
  >まとめて複数号分、作り上げる時も、1号ずつ開封して組み立ててください。


●マガジンを見ずに作ったが、エラーが出る。
  >マガジンを必ずお読みいただいて、できれば動画も見て作ってください。


●チェックスタンドの頭部を動かして遊んでいたら「ID書込み」を押してしまい、エラーが出たので、初期化した。
  >既にIDを書き込んだサーボモーターを初期化する必要はありません。電源をOFFにして、「動作確認」を押せば正常に動きます。
  >また今後は、間違えてチェックスタンドのID=2のサーボモーターを初期化しないために、首と繋がっているID=2のハーネスを、テスト基板から外しておいてください。

メルマガ倉庫一覧

定期購読・お買い求め・組み立て代行・お問い合わせはこちら

電話からのお申し込みお問い合わせはこちら 講談社ONLINE STOREコールセンター 0120-221-322 受付時間 平日9:00〜18:00(土曜・日曜・祝日および年末年始を除く)

定期購読購入特典はこちら

週刊鉄腕アトムを作ろう!トップページへ